ローマ、ニース、パリ旅行記
ROME(HOTEL D'INGHILTERRA)3泊
NICE(HOTEL NEGRESO)2泊、
PARIS(INTER−CONTINENTAL PARIS)3泊、
エールフランス機内2泊 

10日間旅行

(2002年8月13日夜便にて成田出発〜8月23日成田夜着)

 
サンパウロ寺院の屋上?!絶景でしたが、、、
上まで登るのに目が回りそうでしたよ!



お父さんと一緒に スペイン階段を上りました。
お尻が可愛いでしょう?!

Oilily のフリルパンツはお気に入り ちなみに
昨年購入の品サイズ70p...来年はブルマーで活躍出来そう♪

(3年も着られるなんて優れもの・・・)



チボリ公園の噴水の前で おおはしゃぎ♪

ニースのホテル(NEGRESCO)にて朝食 
後ろに見えている木馬は
30分ごとに動き出し
さくらは凄く楽しそうでした。
(左下)

 
ホテルの飼い猫(右上)
日中、ロビーのソファーで毎日寝ている。
触ってもずっと寝ている大人しい猫ちゃん♪

(最初に気が付いたのは さくらでした・・・)


最終日やっとお天気に恵まれ
2階建てバスにて市内を散策。

(シャンゼリゼ大通り、後ろに凱旋門が見えます)



さくらが落ちないか ハラハラ〜



トレビの泉の前でマッタリしてます。
この後、すぐにお昼寝してしまい
真実の口では爆睡中で写真が無い(笑)





パリは生憎の天気から始まり
すごく寒くてビックリ!!

(残念な事にエッフェル塔は霞んでます)


この日も小雨が降っていました〜
(INTER−CONTINENTAL PARIS にて)

私の一言メモ

急遽旅行に出掛けたいと主人から言われ・・・(約出発2ヶ月前の事)
慌ただしく日程を決め 準備に取りかかりました。
もちろん準備は私?!と言っても
やはり赤ちゃん連れと言うこともあり、今回の旅行は大変でしたが すべて手配旅行にしました。

Sakuraの体調を考え飛行機は絶対に夜便!を選びたい
するとヨーロッパ方面はエールフランスのみ、う〜ん選ぶ予知もなく決定♪
しかし格安航空券は直前の払い戻しが利かない為
少々お高くなってしまいますが正規航空券(早割)を購入。
赤ちゃん連れの私達は前日まで何が起きるか分からないからです・・・

そしてROME〜NICEの航空券のみアリタリア航空を購入。
(ROME〜NICE 直行便、飛行時間1時間半)
ヨーロッパでは週末バカンスを促進する為 正規航空券ですが凄くお得なチケットが多数販売されています。
ちょうど私達の移動日が週末(土曜日朝)でしたので片道で購入すると
往復で購入するより高くなってしまうので 正規格安往復チケットを購入し片道は諦めて使用しました。

実際現地に行って分かったのですが
とても小さい飛行機で50人位?しか乗れない、
それでいて 1日朝1便、夕方2便しか飛んでいないと言う・・・・直行便。
座席が確保しにくい理由が分かりました。
本当に確保出来て良かったです。


フランス、イタリアのホテルの本を買いあさり真剣に悩み
折角ヨーロッパに行くのだからヨーロッパ調のホテルに泊まりたい
でも立地面、設備面でもしっかりしてる所が良い・・・様々な要因により
独断と偏見で上記のホテル決定しました結果は成功♪


ローマ、ニースは晴天に恵まれ観光もバッチリ!
ローマでは ハプニングもありましたが家族で楽しみました。
聖母マリア誕生記念は市内、教会などお休みになるのでほとんど観光出来ない為
ナポリ、カプリ島の観光ツアーを現地代理店に申し込んでおいたはずなのですが
当日の朝・・・時間になっても迎えが来ない(何故???)
結局電話で確認すると ツアー会社が私達をピックアップするのを忘れ出発してしまったそうです。
でも始めは私達が出発時間にホテルのロビーにいなかったのではなどと 
言いがかりを付けられたので しっかり抗議すると、その日の午後出発の「チボリ公園と遺跡ツアー」を
無料にて参加させてくれることになり 一安心!(ちょっとお得でした♪)


ローマの町はバカンス中の為 休業中のお店も多数有りましたが
現地の方が少なく、観光客の町と言う雰囲気で ガイドブックに記載されているような危険?!な感じは無く
主人と安心して歩けて良かったなどと話していました。
*注意、最低限の危機感は いつも持て旅行していますので 誤解無く・・・

ニースには 又ゆっくり行きたい 素敵な町でした(うっとり〜)
今回は2泊それも土、日曜日とあって
家族連れ、恋人同士、お友達同士と言った方々のバカンスで大変賑わっていました
ニースの海岸は芋洗い?!本当はお隣の浜辺が砂浜でとても素敵だと伺ったのですが
流石に旅行も半ばとなり Sakuraにも疲れが見えていたので
ホテルの回りを散策したり 旧市街などに行ったりと ゆっくりと過ごしました。
主人は、パラシュートを船で引っ張ってもらい空を飛ぶ♪というのを体験出来て、嬉しそうでした
(ビデオに収めたので写真が無くて・・・)

パリに着いてからは 天候に恵まれず 抱っこでお出掛けが多くて大変でしたが
町並みが素敵で感激しましました。
夏の楽しみ 移動遊園地が チェイルリー公園来ていました。
ちょうどホテルの目の前♪毎夜 夕食後にちょこっと遊びに行きました〜
乗り物は レトロ&ハイテク?と言った感じで これが移動しているなんて!?
私は信じられません?!

美術館などには 赤ちゃん連れで入館するのも気が引けるし 大変なので
残念ながら今回の旅行では拝館出来ませんでしたが
又 Sakuraが大きくなったら一緒に行きたいと思います。

Sakuraは、初めての海外旅行、でも子供は何処にでも馴染むのは早いものです。
飛行場ではどうしても待ち時間が出来てしまうので退屈するかな?などと思っていましたが
行き帰りの飛行機が夜便だった為か?!分かりませんが 
お子様ずれのお客様がかなりな割合で搭乗、ほぼ満席状態でした。
Sakuraは行きの空港からフランスの赤ちゃん
(同い年ぐらいもしくは 数ヶ月お兄ちゃん)
語り合ってご挨拶の「チュ」を教えて貰っていましたよ♪(笑)
その後も 何処の空港でも現地の子供と楽しく会話?!をしているようでした。
(赤ちゃん言葉は世界共通なのかしら???)

文才が無いので上手にまとめられない&皆様にお伝えしたい事は沢山有りすぎて書ききれません、、、
でも 子連れヨーロッパでも 楽しく過ごせる事を皆様にも伝わったでしょうか♪
高級飲食店には入れないけど・・・十分楽しめます。高級ブティックには入りましたよ(笑)
余談ですが C、Dior や エルメス、LV などでは Sakuraは何故か店員さんに大人気?!
日本人の赤ちゃんってあんまり見たこと無いのかな・・・
エルメスでは非売品の子供用パズルをSakuraは貰ってました。

やっぱり 旅行中一番大変だったのは 着陸前の高度が下がり始める瞬間から!
Sakuraは耳が辛くなる事でした。
哺乳瓶を卒業している、でも あめは食られない年齢だと 耳が気になりだしてしまうと
口に入れている物を出してしまうと言う やっかいな状況!
しかし、離陸時はゴーと言う音とともに必ず
(日中飛行機に乗っても)寝てしまいました。
と言う事で 高度が下がる前から 寝ているSakuraの口に
ジューズをちょこちょこ流し込んで 耳の辛いのも
何とかクリアーし無事帰国出来ました。

今回の旅行は赤ちゃん連れだったので 大まかな予定は計画し、
後はSakuraの様子を見ながら日々、日程を決めると言った感じの旅行になりました。
私達も大変でしたが Sakuraも最終日までよく頑張りました!!
(昼寝の大半がベビーカーと言う過酷な状況にもめげず 一番元気で 私達は振り回せれてばかりでした・・・)

次回の海外旅行は来年3月に グァムに行きます(姉の挙式の為〜)
もう飛行機に乗るこつも掴んだし、飛行時間も短いので大いに楽しめるかしら・・・


長々と読んで頂いて・・・・有難うございました。
BACK  NEXT